未経験者でも簡単にできる!ECサイトを制作してビジネスを成功させる方法をご紹介

当サイトでは「未経験者でも簡単に、ECサイトを作って成功するための方法」を、複数の視点から紹介しています。
商品の魅力を伝えるために複数の画像やわかりやすい説明を使うことをはじめ、訪問者たちに訴えかけるようなデザインを作ってサイトの訪問者数をアップさせる方法など、読むことで初めての人でもサイトを作るためのコツが理解できるようになっているのがポイントです。
副業をしたいと考えている人は読んで挑戦してみませんか。

未経験者でも簡単にできる!ECサイトを制作してビジネスを成功させる方法をご紹介

ECサイトを制作して成功する方法の一つに、すでに成功している人のサイトを参考にすることがあげられています。
とはいえ、1つのサイトを模倣するのではなく、複数のサイトを確認して何が優れているのか、キーワード検索などをも確認して自分で作る時の参考にすることが重要です。
また、ECサイトを制作した経験者たちの体験談をも参考にすることも忘れないでください。
すでに作った経験を持つ人だからこそわかる問題点などもあるため、作る時の参考になります。

インターネットショッピングのお店を制作して開設できるECサイトとは

名前を聞くことがあるかもしれませんが、ECサイトとはどういったものでしょうか。
これはいわゆるインターネットショップの事で、世の中にたくさん存在しています。
開設する方法にたって考えると、モール型と個人店型があるのが大きな違いとなっています。
モール型はよく聞くインターネットショップの中に自分の店を持つ形で、月々のお金を払って場所を借りる形になります。
個人店の場合も出来合いの場所を借りる事が出来ますが、集客をモールに依存せずに利用料も安いのが特徴です。
ECサイトとは元々はシステムを一から作っていくものでしたが、ブログの発展と共にECサイトの基礎自体を作ってしまい、利用者に開放数方法が増えて発展してきました。
既に有名なブランド価値があったり、芸能人が経営するなど他との差別化が図れる場合には個人店で構えた方がよく、逆に集客に自信がない場合はモールに入ってしまった方が経営が安定すると、一般的には言われています。

ECサイトのプラグインを利用すれば簡単に制作できる

自社で店舗を持っていて、商品の製造を販売が既に動いている場合に、ネットでも売りたいと考える場合があります。
ネット販売は一気に全国の客を相手に出来ますし、広告の効果も大きくなるので売上増には効果的でしょう。
そのためにはECサイトを制作しなければなりませんが、大掛かりなものではなくシンプルに済ませれば費用は抑える事が出来ます。
既存のホームページがCMSを利用していれば、プラグインを導入するだけでECサイトとしてのショッピングカートが実現出来るからです。
毎日何百人も斬れくれるようなECサイトであればしっかりとしたものを作る必要がありますが、日に数件あるかないかのものであるならば、何かあればメールで確認をすればいいため、簡単なプラグインのショッピングカートでも可能です。
支障があるようなら記載しておけばいいですし、カッチリしたシステムでない事は見れば分かるため、上手くいかない場合は客が問い合わせてくれるでしょう。

テンプレートを利用すれば簡単にECサイトを制作できる

ECサイトを制作する際には、テンプレートを使うのが効果的です。
キャンペーンを行なう際などには、制作に多くの時間を要せないことも珍しくありません。
スクラッチでの開発では、目的の期日までにサイトを立ち上げられないことも有り得るのです。
ECサイトを開発する会社には、業種や商材に応じたテンプレートを提供するところも少なくありません。
急ぎでサイトを立ち上げる際には、活用することを検討してみるのも良いでしょう。
ECサイトを開発する会社では、無料で受けられる事前カウンセリングを開催中です。
自社の求めるサイト構築についてを、前もって把握することが出来るのです。
オリジナリティに欠ける部分はありますが、時間を掛けたくない場合には、既存のデザインパターンを使った方が効率的な部分があるのは事実です。
立ち上げ時には、パターン化されたものでのサイト構築を行ない、売上が増加していったタイミングで、スクラッチでの開発を施すのも良いでしょう。
ECサイトの目的に応じて、適切な開発手法を活用することが大切です。

ECサイトは利用者の目線に立って使い勝手の良いインターフェイスを制作する

ECサイトを制作する際には、インターフェイスに拘る必要があります。
多額の広告費を投じたとしても、見栄えが良くなくては成約に至らないことも有り得るものです。
新規事業を立ち上げたり、商材の販促に用いたりなど、ECサイトを開設する際には、様々な目的があるでしょう。
どのような理由であっても、ターゲット層への訴求が出来なくては、思うような効果を得られないのが実状です。
自社に相応しいペルソナの策定を行ない、適切なデザインとインターフェイスを備えることが大切となります。
ECサイトを特集するサイトの中には、過去の制作実績を案内するところも少なくありません。
掲載されている事例を眺めながら、気にいったタイプを見かけた際には、気軽に問い合わせを行なうのが良いでしょう。
殆どの会社では、前もって受けられる事前カウンセリングを行ないます。
自社が求める予算や要望に従ったサイトの構築を、どの程度の期間で実現できるかのヒアリングが出来るのです。
ECサイトの見栄えや使い勝手には、成約率を左右する側面もあります。
売上向上に結び付けられるサイトを作るためにも、事前の検討を入念に行なうことが大切です。

ECサイトの制作でPC版とモバイル版を用意する重要性

ECサイトの制作で意識すべきポイントは日々変化していますが、近年重要視されているのがPC版だけでなくモバイル版のサイトも準備することです。
かつてはインターネット検索する端末と言えばPCが主流でしたが、スマホの普及によってスマホでインターネットにアクセスするユーザーが増えました。
今ではPCよりもスマホでインターネットを利用するユーザーの方が多い状況となっていますが、PC版のサイトは画面が小さいスマホでは閲覧しにくいので、スマホでアクセスしたユーザーに離脱されてしまう恐れがあります。
また、検索エンジンの主流となっているGoogleもスマホ対応を重要視しているので、PC版のECサイトしか準備していないとユーザーの利便性を無視していると判断されて検索順位が下がってしまう可能性もあります。
スマホに対応していないという理由のみで検索順位が下がるのは非常にもったいないことなので、現在のECサイト制作ではPC版とモバイル版を用意することが必須となっています。

ECサイトの制作では多様な支払い方法に対応して利用者の利便性を高める

インターネットショッピングであるECサイトは便利なものですが、いくつかの条件があわさる必要があります。
大きな要素の一つがクレジットカード決済が可能な事です。黎明期には、ネットにクレジットカード情報を載せるのは抵抗があるとしてネックとなっていました。
そして、使われていたのは銀行振込と代金引換です。代金引換は一応後払いなので、購入ボタンを押せばすぐ購入にはなるのですが、到着を待ち構えてお金を用意するというのは非常に手間なため、クレジットカード決済が普及してから本格的にECサイトが広まったと言えるでしょう。
つまり制作するならユーザーの利便性を第一に考えて、クレジットカード決済は必須と考えるべきです。
カード自体の種類も可能な限り対応を増やし、買えない人がいなくなる事を目指しましょう。
また、可能な限り早めに発送する事も重要で、周りと比べて自社のECサイトが劣っている場合はその部分の改善を続ける事で、人気が出て行きます。

ECサイトの鍵を握る商品をカゴに入れて会計を済ませるカートシステムの制作

ECサイトが普通のホームページと違う点と言えば、商品をカゴに入れて決済するカートシステムの部分です。
これは通常のサイトで言うとPOSTと言われる機能を使っていて、いわゆるボタンを押して決定する処理を利用しています。
コメントの書き込みなどでも使われていて、ここに決済の処理を追加するとカートになります。
制作する事自体はそれほど難しくはありませんが、そこにエラーが起こったときの処理などを追加するのが大変です。
購入ボタンをダブルクリックしてしまった時どうするかといった事や、大勢のユーザーが殺到して重くなってしまった時などの処理は簡単には行きません。
そのため、ECサイトは基本的に既存のものを利用するのが安全だと言えるでしょう。もしくは、専門の開発会社に作ってもらう事ですが、案外そういったところでも一から作るのではなく、過去に作ったものを流用したり、既存のものを加工したりするので、あまりこだわるところではないかもしれません。

ECサイト制作でトラッキングクッキーを駆使してユーザーの行動を分析する

ECサイトでトラッキングクッキーを採用すれば、そのサイトに訪れてからのユーザーの行動を分析することが可能です。
プライバシー保護の観点から事前に同意を取る必要がありますが、ユーザーにとってもサービスの改善に役立てるなどベネフィットがあることを説明すれば大半のケースで応じてもらえます。
ECサイトのランディングページから目的の商品のページまで辿り着くまでのプロセスの中で、どんなキーワードで検索したのかを探ったり、時間が掛かったとしたらそれはどれを購入するのか迷っていたり、あるいは使いにくかったなどの原因を調べて改善へと役立てます。
検索から商品をカートに入れるまでには決定的な判断材料となるセールスポイントの紹介やインパクトのある画像や動画の掲載のほか、システムそのものを改修してレスポンスを高めるのも重用です。
これらの要素を取り入れたECサイトを制作すれば、ユーザーからは探していた商品が見つけやすく買い物が快適なサービスだと評価されます。

自分でECサイトの制作が難しいなら専門業者にコンサルティングしてもらう

ECサイトの制作は簡単ではありませんが、便利なサービスが多数登場しているため、調べながら行えば素人でも可能です。
ただし、一筋縄ではいかない選択というもんが多くあるため、大事な選択を間違えない事が重要です。
大きい所では、ECサイトを大きく分ける個人店舗型なのかモール型なのかがあるでしょうか。
自社の商品がどちらでの売り出し方似合っているかは、かなりの経験がないと判断出来ないところとなるでしょう。
そのため、どうしてもここはプロの意見を聞きたいと思うなら、専門の業者にコンサルティングに入ってもらう事も選択肢の一つです。
また、同時に制作自体を任せてしまって、自身は運営や商品開発に注力するという割り切り方も出来ます。
どんなものにも言える事ですが、やってみなければ分からない事はあるため、経験豊かな人にコンサルティングしてもらう事が、一番なのです。もちろん費用は掛かってしまいますが、後から取り戻すと思えば安いものです。

著者:横沢修造

筆者プロフィール

京都府京都市生まれ。
ネットショップ開発にあたってECサイトを作る時のコツや、費用について発信しています。
ECサイト 制作